僕「いよいよ明日が結婚式かぁ。君と出会ってまだ一年なのに、あっという間だったね」
彼女「そうね。私も“完全無料出会い系サイト”で、あなたから最初にメールをもらった時、まさかこんなに早く結婚が決まるなんて考えてもみなかったわ」
僕「僕があの“完全無料出会い系サイト”で、君のプロフィールを見落してたら明日の結婚式もなかったわけだ」

彼女「あのサイトは本当に完全無料だったから、もしかしてあなたは冷やし半分だったんじゃない?」
僕「そうでもないけど、完全無料だけに会員が200万人もいるとの評判だったから、下手な鉄砲も…と思ったのは事実だよ」
彼女「それに、“完全無料出会い系サイト”は掲示板が充実してるから、私はプロフでの自分のアピールの仕方とか、実際に男性と出会う場合の注意事項とか、色々教えてもらえて本当に参考になったわ」

僕「そうそう。“完全無料出会い系サイト”にはたくさんの便利な機能があるけど、あの掲示板とかプロフィール機能なんかは特に役立つ機能だね。しかも全ての機能が完全に無料だったし」
彼女「もしかしたら、私たちって”運命の赤い糸“で結ばれていて、“完全無料の出会い系サイト”が、その糸をたぐり寄せてくれたのかもしれないわね」

僕「うん。世の中には、せっかくの赤い糸を気付かずにいる人が多いと思うんだ。僕たちのようにこの“完全無料出会い系サイト”を使ってこそ、本当の出会いが実現できる、というわけだね。
さぁ、明日は挙式の準備で朝早いからそろそろ帰ろうか」

関連記事